電子情報通信学会総合大会講演要旨
BI-4-3
高速イメージセンサを用いたITS可視光通信
山里敬也(名大)
可視光通信(Visible Light Combinations: VLC)とは,目に見える光を使って情報伝送を行う無線通信システムである.
一般に,LED(light-emitting diode)を高速に点滅(変調)させることでデータ伝送を行う.
白色LEDが世界に誇る日本の発明のように,可視光通信も日本独自の技術である¥cite{Yamazato-JIVE2014}.
本稿では可視光通信の最新動向およびそのITSへの応用について,筆者の研究も交えつつ紹介する.