電子情報通信学会総合大会講演要旨
BI-3-1
個人の履歴情報の匿名加工とプライバシー
山口利恵(東大)
他団体と様々なIT関連のデータを流通させるためは,個人に関わるデータを削除するなどプライバシーへの配慮が不可欠である.そのプライバシーを保護するためには様々な手法が提案されているが,それらの手法は理論的には正しくプライバシーを保護できるといえるが,実際のデータに適用するためには,まだまだ課題が多く,またプライバシーを保護したデータが"役に立つ"データとなっているかというとそのようにはなっていない.ここでは,実データ解析を通して,"役立つ"かつプライバシーを配慮するとはどういうことなのかについて議論する.