電子情報通信学会総合大会講演要旨
BI-1-5
海洋ブロードバンド通信の実現にむけた取組
○吉村直子・高橋 卓・三浦 周・辻 宏之・豊嶋守生(NICT)
日本は国土面積に比して広大な排他的経済水域を有しているが、沿岸域を除いては高速な通信環境を利用することが困難な現状がある。近年注目されている海洋エネルギー資源の調査・利用はもとより、漁業等の海洋資源全般の効率的な利用や海上における安全保障対策においても海洋ブロードバンド通信の実現が有用と考えられる。現在、NICTにおいて海洋上からの高速データ伝送を実現可能な衛星地球局の開発を実施しており、現在の進捗状況を報告する。