電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-20-3
マイクロ波と高周波電流を併用した生体組織凝固切開デバイスの開発
◎鈴木 翔・遠藤雄大・齊藤一幸・伊藤公一(千葉大)
現在,外科手術では,組織からの出血を最小限にするため,組織を切開する前に組織を凝固することがある.組織を凝固する際に用いられるデバイスの1つにマイクロ波加熱アンテナがある.マイクロ波加熱は組織の止血に有効であるものの,デバイスのみで組織を切開することが難しい.そこで手術時は,止血用のデバイスの他に組織を切開するためのデバイスが必要となる.そこで本研究では,組織の切開特性に優れた電気メスと組織を凝固特性に優れたマイクロ波加熱アンテナを組み合わせ,組織の凝固と切断が可能なデバイスを提案する.さらに,提案デバイスに用いるマイクロ波加熱アンテナを設計し,設計したデバイスの性能を実験的に評価する.