電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-19-14
シングルキャリア可視光無線通信への周波数領域等化の適用効果
田野 哲・◎藤高俊介(岡山大)・古野辰男・小田恭弘(NTTドコモ)
様々な高速無線通信が開発・商用化されるにつれて,マイクロ波帯の逼迫が問題となりつつある.この問題を回避する手段の一つとしてテラヘルツ波、中でも可視光帯が注目されつつある.実際、マルチキャリアを利用した可視光通信による高速通信が可能になることが示されてきる\cite{Haas}.本稿では,可視光通信のハードウェア実験系より得られた情報を基に,シングルキャリア伝送の可能性を探る