電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-18-58
磁界共振結合二次元マルチホップ無線電力伝送における自動制御システム
◎美和 武・宮路祐一・上原秀幸(豊橋技科大)
本研究では,二次元マルチホップ無線電力伝送において,受電器の位置推定および中継器の制御を自動で行うシステムの構築を目的とする.構築したシステムは,二次元マルチホップアレイコイル,ネットワークアナライザ,PC,Arduino,リレードライブ回路で構成される.PCからの命令により送電器の反射係数を測定でき, PC内部のプログラムで受電器の位置推定をする.また,受電器の位置を知ることにより,中継器を制御することができる.システムの動作確認として,受電器の位置推定を行った.手動制御における推定結果は60.0%,自動制御における推定結果は58.2%となった.手動制御による推定結果と同等の結果を本システムにおいても得ることができた.