電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-18-51
IoT/M2M無線アクセスによるWi-Fiネットワーク構築アルゴリズムに関する実験検証
○鈴木康夫・清水芳孝(NTT)
Wi-Fiで効率よく広域エリアをカバーするためにはWi-Fiアクセスポイント間の中継ネットワーク構築およびアクセスチャネル割当が必要になるが,被災地等でネットワーク技術者がいない環境でこれらを適切に行うことは難しい.NTT未来ねっと研究所では,被災地等で必要最低限のICTサービスをWi-Fiネットワークを構築して即時提供する,移動式ICTユニット方式を提案している.本稿ではIoT/M2M無線アクセスによってWi-Fiネットワーク構築を可能にするアルゴリズムを提案し,フィールド実験による検証結果について報告した.