電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-18-28
無線センサネットワークにおける環境情報再生手法を用いたサンプリング周波数評価
◎大場康平・米田嘉浩・菅沼隆史・伊藤浩之・石原 昇・後藤邦彦・益 一哉(東工大)
防災や社会インフラの安全管理において,農地や道路などの環境をモニタリングする大規模な無線センサネットワーク(WSN) の実現が期待されている.大規模なWSN は低消費電
力化,低コスト化が必要とされる.また,自然環境下の外乱の影響などによる通信品質劣化や,センサノードの不安定動作によってデータ欠損が増加し,信号解析の難化やデータ精度の低下が問題となる.そこで我々は,環境情報の相関性を利用した多項式回帰による環境情報再生手法について検討を進めている.本報告では,WSN のデータ信頼性とサンプリング周波数の関係を明らかにしたので報告する.