電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-18-20
スペクトラム拡散音源による屋内測位におけるユーザ収容数の検討
○金田一将・村田翔太郎・五百蔵重典・田中 博(神奈川工科大)
筆者らは,スマートフォンのスピーカから発生させる非可聴音(22.05kHz)を用いた多ユーザ収容可能な屋内測位システムを開発し,送信機2台を用いて測位性能の評価を行ってきた.しかし,実利用を想定した場合,より多数のユーザ収容数が要求される場合がある.本報告では,ユーザ収容数増加を目的としたM系列生成多項式の次数検討のための基本実験を行った結果を述べる.