電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-17-30
ADC の非線形性を考慮した同一周波数全二重無線通信向けデジタ ルキャンセラの初期的検討
○徳川龍一・岩元 啓・森川博之(東大)
同一周波数全二重無線通信によって帯域利用効率の飛躍的な向上が期待されている.同一周波数全二重無線通信の実現に向けては,自己干渉波のチャネル変動に追従するためのデジタル段での適応的な自己干渉除去が重要となる.自己干渉波と希望波とにタイミングオフセットとパワーオフセットとが存在する場合,ADC (Analog-to-digital converter) が飽和し,自己干渉除去性能が劣化しうる.この問題を解決するため,自己干渉波の推定部の出力にクリッピング処理を施すデジタルキャンセラを設計し,評価を行う.