電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-17-19
複数移動通信網に対応した端末側技術の検討
○新保宏之・川西 直(ATR)・Kien Ngyen・石津健太郎(ATR/NICT)
第5世代移動通信システムでは,通信に対する多種多様な要求(例:高スループット,低遅延) に対応しつつ,多数のデバイスを収容するために,様々な周波数において,多種の無線通信方式で提供されている,複数の移動通信網を同時に利用することを前提としている.このような環境で移動体での通信を提供するには,複数移動通信網間の経路制御技術や,対応可能な端末の実現技術が重要となってくる.本稿では筆者らが現在進めているこれらの検討について,その概要を述べる.