電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-17-14
電波環境モニタリングを用いた周波数資源マイニングシステム
○狐塚正樹・二木康則・大島直樹・塚本健太・元井桂一・國弘和明(NEC)
無線通信システムの大容量化・高速化が進むにつれ、周波数資源の枯渇が危惧されている。その解決策の1つとして、高密度に設置したセンサで電波環境をモニタリングし、時間や場所によって未使用の周波数資源をマイニングして有効活用するシステムを提案する。本稿では、本システムの概要と、電波モニタリングによって得られたセンサデータから電波環境を高精細に可視化する技術の実用性を検証した結果を報告する。