電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-16-6
階層型クラウド基盤における車両搭載センサからのデータ収集方式の検討
○秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)
Smart ICT技術の進展により,様々な分野でIoTアプリケーションの開発が進められている.本研究開発ではバス車両に様々なセンサを搭載し,運転手ならびに車両の状態を観測することで,安全運転支援システムの構築を目指している.本稿では特にバス車両内の小型PCと大規模データ分析を行うクラウド基盤の処理分担を考える手がかりとして,車両内センサデータの収集方式について検討を行い,実装したPluginの紹介と今後の課題について述べる.