電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-15-16
ネットワーク遅延と帯域制限のエッジ型webエンジンへの影響
○北端美紀(NTT)・森 皓平(NTTドコモ)・田中裕之(NTT)
近年様々なwebサービスの提供にともない,クライアント端末で多くの処理を実施することが必要となってきている.このような背景から,多くのwebサービスが提供されるクラウドコンピューティング環境のみでなく,よりユーザの近くにコンピューティング資源を配置し処理を分散させるエッジコンピューティング構想を提唱してきた.本研究では,webエンジンのクライアント端末の処理負荷をエッジサーバへ分散することにより端末スペックの差によらず様々なwebコンテンツを提示可能とすることを目指し我々が開発してきたEAB(edge accelerated browsing engine)を対象として,ネットワーク遅延とネットワーク帯域制限がEABの処理にどのような影響を与えるかについて計測を実施した.