電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-12-11
光パッシブデバイスを活用したPhotonic Sub-Lambdaトランスポートネットワークの提案
◎中川雅弘・益本佳奈・服部恭太・松田俊哉・片山 勝・行田克俊(NTT)
著者らは,メトロ網の抜本的な低コスト化に向け,電気処理を局在化して中継ノードではバッファを介さず光領域で時分割多重を行うトランスポート網の検討を進めている.本稿では,光パッシブデバイスを活用したPhotonic Sub-Lambdaトランスポートネットワーク(PSLネットワーク)を提案し,技術課題を述べるとともにコストメリットを議論する.