電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-12-4
光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討
◎前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大)
増加の一途を辿っている情報ネットワーク利活用の需要に対応するため,高速で大容量な光ネットワークが注目されている.光ネットワークにおいては,OPS (Optical Packet Switching) とOCS(Optical Circuit Switching) の利点を併せもつ光パス・パケット統合網が提唱されている.筆者らは,光パス・パケット統合網において,実運用する際の課題である通信量の急激な増加に対応するためのオフローディング手法について検討する.