電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-11-2
一般化平均を用いた記事類似度による適応的なWikipedia検索
◎野口雄輝・内田真人(千葉工大)
大量の情報が日々生産・蓄積され続けられる情報化社会においては,ユーザが望む情報を的確に特定して提示するための情報推薦技術が重要となる.しかし,検索者自身によってしか自覚することのできない検索の「意図」をシステム側が類推し,非典型的な関連情報をも含めて的確に推薦することは難しい.そこで本研究では,Wikipediaにおける情報検索への適用を前提とし,システム側が検索の意図を類推するのではなく,検索者自身が検索の意図を能動的に示すことのできる手法を提案する.提案手法においては,記事間の類似性を測る尺度を一般化平均を用いて定義することで,検索の意図を直感的かつ数量的に表現する.