電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-84
信号光位相共役光対の非縮退パラメトリック位相感応型光増幅における和周波光発生による励起光位相同期ループ制御実験
◎近藤紘太郎・大道雄也・岡村康弘・高田 篤(徳島大)
光パラメトリック位相感応型増幅器(PSA)は,入力光の光位相に依存した利得を与える光増幅器である.近年,信号光とその位相共役光を共に伝送する伝送系にPSAを中継増幅器として適用することにより,伝送路の光非線形劣化を抑圧し再生中継間隔を延伸する可能性が注目されている .光パラメトリック増幅を行う際,増幅に用いる励起光位相が入力光位相に対し同期していることが必要である.本稿では,光位相同期方式として,信号光と位相共役関係にあるアイドラ光の和周波光(SFG)に励起光の2次高調波光(SHG)位相を同期する位相同期ループ回路の原理検証実験に成功したので報告する.