電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-73
偏波多重光伝送における摂動非線形補償法の計算精度に関する考察
◎沼田 優・丸田章博(阪大)
ディジタル信号処理によって,分散性に起因する線形歪みと非線形性に起因する歪みを同時に補償する技術の一つに摂動解析に基づく非線形補償法がある.
これまでに,1次の摂動項までを考慮した補償法が提案されており,また,単一偏波光伝送における計算精度の考察が行われている.
本稿では,偏波多重光伝送における計算精度を評価し,その適用範囲について検討する.