電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-61
Qマップを用いた光ナイキストパルスの分散・非線形耐力の解析
○廣岡俊彦・中沢正隆(東北大)
我々は超高速且つ高周波数利用効率伝送に最適な光パルスとして、光ナイキストパルスのTDM 伝送を提案している。光ナイキストパルスはその周波数帯域をシンボルレートと同程度まで狭窄化出来るため、超高速パルス伝送にとって障害となる分散およびPMD に対する耐性を大幅に向上することが出来る。今回、Qマップ法と呼ばれる計算機解析手法により超高速伝送における分散・非線形耐力をガウスパルスとナイキストパルスに対して評価し、両パルスに対する非線形相互作用の違いを定量的に明らかにしたので報告する。