電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-49
2段構成フィードフォワード制御回路を用いたBPSK振幅揺らぎ抑圧の改善
○山口修司・井上 恭(阪大)
ファイバ伝送信号光は光中継増幅器雑音(ASE)などの影響によって揺らぎが生じ、伝送距離が制限される。そこで我々は、信号揺らぎを抑圧する光電気ハイブリッド型信号再生器を提案・実証しているが、そこでは信号に生じる一次の揺らぎ成分を抑圧するのみであった。本研究では、信号揺らぎの高次の項まで抑圧する構成を提案し、それによる改善効果を検証した。