電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-36
伝送路OSNR改善に向けた前方励起2次ラマン増幅の検討
◎松下明日香・堀越建吾・米永一茂・平野 章(NTT)
現用システムでは後方励起1次ラマン増幅により,伝送路OSNRの改善されている.更なるOSNR改善の候補技術として,後方1次ラマン増幅に加えて,前方励起1次ラマン増幅,後方励起2次ラマン増幅,前方励起2次ラマン増幅を用いることなどが考えられる.前方2次ラマン増幅は信号光を直接増幅せず,1次ラマン励起光に対して後方励起的に増幅することで,前方励起1次ラマン増幅で課題となる信号光への相対強度雑音(RIN)の抑制が期待される.ディジタルコヒーレント通信において最近着目されはじめているが,現状先行研究例が少ない.そこで本研究では,前方2次ラマン増幅により伝送路OSNRの改善による受信Q値特性向上の基礎検討を行った.