電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-13
Ring-Core型マルチコア2モードEDF
◎安間淑通・細川 宰・市井健太郎・竹永勝宏・松尾昌一郎(フジクラ)・小野浩孝(NTT)・山田 誠(阪府大)
 近年の通信容量の急激な増加に伴い,光通信システムの大容量化への要求が高まっている.そのような要求を受け,空間分割多重(SDM)の研究が盛んに進められている.その中でも,各コアに複数のモードを伝搬させることでコア数×伝搬モード数に多重度を拡張できるマルチコア数モードファイバ(MC-FMF)が注目されている.このMC-FMFによる長距離通信を実現するためには,モード間利得差(DMG)が小さいマルチコア数モードEDF(MC-FM-EDF)が必要となる.
 本発表では,低DMGが期待されるRing-core型(RC型)の2LPモード(LP01,LP11)マルチコアEDF(MC-TM-EDF)の試作結果について報告する.