電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-2
ARを用いた所内伝送装置保守支援システムの作業正誤判定機能向上
○古敷谷優介・榎本圭高・真鍋哲也(NTT)
礎的な技術レベルの作業員でも品質と効率とを両立して作業実施できることを目的とし,拡張現実(AR)技術を用いた所内伝送装置のパッケージ抜去作業支援システムを検討している.本システムの正誤判定機能において照明条件の変化によりマーキングシール検出率が低下する課題に対し,現場での測色で色認識の基準値を補正する機能を検討し,その効果を確認したので報告する.