電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-9-2
総電力の時系列変動に基づく住人活動時間の推定に関する検討
○井上洋思・石山文彦・鈴木康直・高谷和宏(NTT)
生活リズムの把握を目的に、ユーザの電力消費の傾向から、睡眠時間、不在時間、宅内活動時間を推定する方法について検討した内容を報告する。住人操作による電力消費の変化を検知し、そのタイミングを就寝、起床、外出、帰宅と関連づけることで各時間を推定する。