電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-8-65
光アクセス装置プログラマブル化に向けたデータ並列に基づく暗号化のCPU/GPU実装
◎鈴木貴大・キム サンヨプ・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)
アクセスネットワークにおいて,ソフトウェアで装置機能を実現し,装置をプログラマブル化することで,多様なユーザ要求に対する柔軟性向上と装置の共通化を目指している.その際,要求のスループットを達成することが課題である.PONシステムで用いられている暗号化アルゴリズムのメニーコアCPU/GPU向けの入力信号のブロック間のデータ並列性に基づく並列実装手法を提案し,評価結果を示す.