電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-8-3
モノポールアンテナと無給電素子を用いた全方向電力伝送方式の一検討
◎中山昌美(日本工大)・満井 勉(新潟大)・横山駿也・森野善明・平栗健史(日本工大)・西森健太郎(新潟大)・平沢一紘(筑波大)
 本稿では,モノポールアンテナと矩形の無給電素子を用いた近距離電力伝送方式を提案する.提案の近距離電力伝送システムは,モノポールアンテナの近傍にモバイル端末を配置することで給電が可能となり,将来的には相互に通信できるシステムを目指す.また,無指向性のモノポールアンテナを用いるため,一方向だけでなく全方向に置かれた複数のモバイル端末にも無線給電を行うことが可能となる.Tx(送信)とRx(受信)モノポールアンテナの間には,矩形無給電素子を配置することによりアンテナ間の結合を向上する工夫がされている.提案システムは計算機シミュレーションにより評価し,最大で-11dB の電力を得られることが確認できたので報告する.