電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-7-37
音声端末向け災害用伝言板とweb端末向け災害用伝言板連携における伝言情報再生方式の一検討
○稲葉 徹・三澤和昭・菊間一宏(NTT)
大規模災害時の安否確認及び通信の確保についてはITリテラシーに依存しない形で幅広く提供されることが期待されており、今後音声災害用伝言板とweb災害用伝言板の連携が進めば、社会の要請や期待に応える一つの解となる。今回、音声災害用伝言板とweb災害用伝言板連携の実現における伝言情報再生方式の検討を行った。