電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-7-22
モバイル端末におけるアプリケーショントラヒックの統計的分析に関する研究
○津室雄志・阿多信吾(阪市大)・中村信之(OKI)・岡 育生(阪市大)
近年のモバイル端末では,様々なアプリケーションが利用されている.モバイル端末におけるトラヒックは主要なアプリケーションのトラヒックが大半を占めており,そのトラヒックの特性を分析することでモバイル通信のトラヒックの特性を知ることができる.そして,その特性を用いることでトラヒック制御への応用が期待できる.しかし,モバイル端末はリソース制約,利用形態や通信状況など,固定端末とは異なったトラヒックの特性がある.そこで本研究では,モバイル端末のアプリケーショントラヒックの統計的分析を行う.