電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-7-18
端末状態に応じたデータ提供要素の動的判定方式の提案
○原田山人・青島史郎(NTT)
近年、音声系サービスにおいても利用地域(国内、海外)や利用端末(固定、携帯)等、サービスの利用シーンが多様化しており、各利用シーンに合わせたサービスの提供が求められている。
本背景を踏まえ、網から通知される端末状態(端末情報、位置情報)に応じて、音声系サービス用のDBにて網へ提供するデータの範囲を動的に判定し、利用シーンに適したサービスを提供する方法を提案する。