電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-118
VLR障害時の加入者プロファイル復旧方式(LTE在圏)について
◎坂井優亮・瀧口圭祐・神谷陽一(ドコモ・テクノロジ)・南本真一(NTTドコモ)
モバイルコアネットワークでは,LTE在圏時のCSFB着信及びSMS着信の際にVLRが保持している加入者プロファイルを参照し,着信先MMEを判別する.しかし,VLRの装置故障等で,VLRが保持する加入者プロファイルが消失した場合,着信先のMMEが判別できなくなり,LTE在圏時の音声着信及びSMS着信が不可となる事象が発生する.通常の携帯端末であれば電源のON/OFFや在圏移動を契機に,MMEがVLRに位置登録するため加入者プロファイルの復旧が可能である.しかし,昨今,電源のON/OFFや在圏移動による位置登録を期待できないM2M端末が増加している.M2M端末の音声着信及びSMS着信が不可となるのは避けたいため,VLRの加入者プロファイルを復旧する方式について検討する.