電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-111
アドホックネットワークにおける適応形信頼性制御によるブロック伝送方式
◎坂口友彬・山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・田中良明(早大)
アドホックネットワークでは,端末間で直接通信,またはマルチホップ通信を用いることでパケット転送を行うが,終端端末間での高いパケット損失率が課題となる.また,有線ネットワークと同様に終端端末間で信頼性制御を行う場合,制御パケットや再送パケットの増加が懸念される.本稿では,終端端末間での高い損失率に適応した信頼性制御トランスポートプロトコルを提案している.