電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-110
放送・通信連携サービスを想定したWi-Fiネットワーク上における8K映像配信の品質評価
◎原田臨太朗・折橋翔太・金井謙治(早大)・松尾康孝(NHK)・甲藤二郎(早大)
本稿では、放送・通信連携サービスの一例として、テレビ受信機が受信した8K放送コンテンツをWi-Fiを用いてモバイル端末へ再送信するサービスを想定し、実機実験によりサービスの通信品質、映像品質について評価した。本サービスは、テレビ受信機だけでなく、モバイル端末でも8K放送コンテンツを視聴できることを目的としており、テレビ受信機では受信した8K映像(H.265/HEVCで圧縮されたもの)を一旦復号した後、これを再度H.264/AVCを用いて階層圧縮し、MPEG-DASHによりWi-Fi APを用いてモバイル端末へ配信する。実機実験の結果、Wi-Fi規格としてIEEE802.11acを用いることで、実用放送で想定されている程度のビットレートでモバイル端末へ8K放送コンテンツを配信できることを示した。