電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-108
仮想化対応Wi-Fiネットワークにおける動的チャネル割り当てを用いた優先制御
◎山下 凌(阪大)・馬場健一(工学院大)・下條真司(阪大)
近年のモバイルデータトラフィックの急増に応じ,Wi-Fiネットワークアクセスポイントの敷設が進んでいる.しかし,無秩序なオフロードやコンテンツの大容量化によって輻輳が発生し,QoSが低下するといった問題を招いている.既存の負荷分散などの手法では,大規模なネットワークに対し適切な制御を行うことが難しい.そこで,本稿では柔軟な通信資源割り当てやシームレスなハンドオーバといった特性を持つ仮想化対応Wi-Fiネットワークに着目した.これを用いて,優先させるサービスのみを収容するネットワークの構築と動的なチャネル割り当てによって特定通信の優先制御を提案し,シミュレーションによって有効性を示した.