電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-59
仮想環境における試験リソース管理方式に関する検討
◎朱 イ・福田芳巳・菊間一宏(NTT)
従来,大規模通信ソフトウェアは専用サーバによって構成されてきたが,NFV(Network Functions Virtualization)等により,将来的には仮想環境上で実現される.このため,仮想環境に適した開発環境の構築は急務である.また,大規模通信ソフトウェアのライフサイクルは長く,試験環境も長期間維持する必要がある.本検討では,試験環境を仮想環境に構築する際の必要条件を明確化し,解決方法について具体化する.