電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-53
IPヘッダの拡張フィールドを利用したタグプロキシ機能の提案
◎本間俊介・望月このみ・山崎裕史(NTT)
トラヒックをクラウド上に展開された適切なサービス機能(SF)へ転送するため、サービスチェイニング技術の検討が進められている。サービスチェイニングの実現方式の一つに、サービス識別のタグを付与し、このタグに基づき転送を行う方式がある。この方式では、SFがタグを認識できる必要があり、タグを認識できないレガシーSF等を用いる場合は、タグプロキシ機能が必要となる。本稿では、IP拡張フィールドを用いたタグプロキシ機能の実装方式を提案し、従来提案されている方式との比較評価を行う。