電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-51
仮想CPE/SGWにおけるサービスチェイニングルーティング法
○福岡亜希・杉園幸司・木村明寛・山本太三(NTT)
仮想CPEは宅内装置の設定稼働や故障時の駆けつけ保守の低減を目的としてソフトウェア化した宅内装置機能をクラウド化しネットワーク側に配備した構成で実現する技術である. 仮想CPE環境は, 論理的にユーザ端末がクラウドに集約されるため, 物理的な制約を受けずにルーティング設計可能である.本稿では仮想CPEにおけるアドレスドメインをサービス単位に割り当てることで実現するサービスチェイニングルーティング法を提案する.