電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-49
LB集約を用いたNFVスケーラブルサービスチェインの試作開発
◎西島孝通・坪内宏司・光延秀樹・加納慎也(富士通研)
利用者要求に応じデータセンター内の汎用サーバ上に複数種別の仮想ネットワーク機能(VNF)を配備/接続し、様々なネットワークサービスを提供するサービスチェイン(SC)がある。我々は、SCにおいてスループットや転送遅延等の厳しいサービス品質を満たすため、複数VNFに処理を分散する負荷分散方式を提案している。本稿では、先に提案した負荷分散方式を用い、システム監視によりCPU負荷やVNFの送受信トラヒック量に応じてVNFを動的に増減し再構成するスケーラブルSCを自動構築/管理する試作システムを開発した。開発した試作システムの動作検証を行い、LB集約を用いたスケーラブルSCがトラヒック量の変動によらずサービス品質を保証可能なことを確認した。