電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-42
複数ルーティング構成のリンク削除がスループットに与える影響の評価
◎畑中崇志・橘 拓至(福井大)
大規模な通信ネットワークでは,障害が発生するとパケットロスが頻繁に発生するため,高速な障害復旧が必要となる.また,通信ネットワークの高速広帯域化に伴い,ネットワーク機器の低消費電力化が最重要課題の一つになっている.これらに対し,通信ネットワークの高速障害復旧と低消費電力を実現するために,複数ルーティング構成から不要なリンクを削除する方式が提案されている.本稿では,このリンク削除方式がスループットへ与える影響をネットワークシミュレータns-3を用いて調査する.数値例において,本方式を用いることによって,ランダムにリンクを削除するよりも高いスループットを維持できることを示す.