電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-29
複数の帯域制御方式を組み合わせたDDoS攻撃抑制方式の検討
◎與語一史・白井信也・相原正夫(NTT)
近年,ネットワークを通したサイバー攻撃は増加・多様化している.その中でも,複数の攻撃者が攻撃対象のサーバ等マシンを攻撃しサービスを停止させるDistributed Denial of Service(DDoS)攻撃は,数100Gbpsの高いボリューム攻撃が可能となり,攻撃対象に大きな被害をもたらすほか,ネットワーク全体に影響を与えてしまう.
本稿では,複数の帯域制御方式を組み合わせ,DDoS攻撃の大きさに合わせて適する帯域制御を行うDDoS攻撃抑制方式を提案し,その有効性を示す.