電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-6-2
サービス連携機能によるAPIの高付加価値化に関する検討‐認証連携及びユーザ情報連携機能‐
◎鈴木 彩・原 大輔・高橋真由美(NTT)
アプリケーション開発者向けAPI提供形態において,複数の機能を組み合わせて高付加価値なAPIを構成するサービス連携という手法がある.その中でも認証とユーザ情報の連携に着目し実現方式について検討を行った.近年, ログインが必要なWebサービス数は増加しており,各ID・パスワードの管理はユーザの負担となっている.そこで新たなIDを払い出すのではなく,他サービスの認証機能を利用するシングルサインオン(SSO)を採用したWebサービスが主流であり,他サービスに登録されているユーザ情報も同時に利用可能となっている.本稿では,複数の認証機能(SSO)を連携させ,さらに認証先のユーザ情報を統合して利用可能な連携機能部を提案し考察を行う.