電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-184
連続切換え型アレーアンテナ技術の実験的評価
○相河 聡・藤田崇洋・山本真一郎(兵庫県立大)・塚本悟司・ウェバー ジュリアン・熊谷智明(ATR)
新幹線では多数のユーザによるインターネットアクセスがあり高速なワイヤレスネットワークが要求される.その一方で,高速移動によるフェージング対策が重要である.
本稿では,車両進行方向に並ぶ複数のアンテナを車速に合わせ順次切換える連続切換え型アレーアンテナ技術について,3.6km/hで屋内実験移動して得られたデータからアンテナの選択・切換え・合成をシミュレートし,本システムの実現性を評価したので報告する