電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-173
高密度に設置された無線LANアクセスポイントによる網側測位システム
○山口裕貴・安部竜太・島村純平・富樫宏謙・古川 浩(九大)
屋内や高層ビルが乱立する都市などでは、十分な GPS 信号を受信できないため、測位精度の確保が難しい。こ のような環境での高精度測位のためには、より高密度な 測位インフラの敷設が効果的である。当研究室では、 LAN ケーブル配線量を大幅に削減可能な無線中継技術 (無線バックホール)の研究開発を行っており、本技術 を測位インフラに適用すれば、これらの高密度敷設が可 能となる。本稿では、当研究室が開発した無線バックホ ール技術が搭載された無線 LAN アクセスポイント(AP)を 測位インフラとして活用した屋内高精度測位システムに ついて報告する。