電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-153
アダプティブアレーを用いた無線メッシュネットワークにおける迂回経路導入に関する考察
◎鈴木宏典・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)
無線メッシュネットワークにおいて,指向性アンテナを用いることで,近隣ノードとの相互干渉を抑圧し,空間利用効率の高い通信を行うことが可能となる.筆者らはこれまでに,パケットの送信権がパケットの生起順に与えられるという想定の下での迂回経路選択効果について検討を行った.本稿では,より現実的な想定として,送信待機中の全パケットが送信機会を競合するときの迂回経路選択効果について評価を行う.