電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-125
位相雑音強調を抑制するプリコーディング方式に関する一検討
○錦織 諒・衣斐信介・三瓶政一(阪大)
現在,ミリ波帯を用いた無線 LAN (Local Area Network) システムの更なる大容量化を目的として,MU-MIMO (Multi User-Multiple Input Multiple Output) の実用化が検討されている.MU-MIMO 下りリンクにおいてプレコーディングを行う際,各ユーザ間のチャネルの直交度が低い場合には,ユーザ間干渉を除去するために高い送信電力が必要となる.このとき,ミリ波発振器で発生する比較的高いレベルの位相雑音が強調され,伝送特性の劣化が顕著となる問題がある.そこで本稿では,送信電力を抑えることが可能な THP (Tomlinson-Harashima Precoding) を適用することで,位相雑音存在下における MU-MIMO 下りリンクの伝送特性の低下を抑制する方法について検討する.