電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-117
遺伝的アルゴリズムを用いた干渉波除去方式の検討
◎樋口春希(富士通システム統研)・眞田幸俊(慶大)
フェーズドアレイアンテナシステムにおいて, 干渉波を抑圧する方式としてアダプティブアレイアンテナ制御技術が知られている. 私たちは回路規模や消費電力の観点から, アナログ回路で受信入力チャネルを合成するシステムを検討している. この場合, 各受信入力チャネルの情報がないため, 最適化アルゴリズムによる近似解を求める. 本稿では、遺伝的アルゴリズムを用いて到来方向を推定し, その後干渉波を抑圧する方式を提案し, その効果について述べる.