電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-90
VHF帯公共ブロードバンドシステムフィールド実験〜②伝搬損失特性〜
○沢田浩和・大堂雅之(NICT)・小林英樹(警察大)・小原宏貴・児島史秀(NICT)
災害現場からのリアルタイム映像伝送などを応用用途として,VHF帯公共ブロードバンド移動通信システムの活用が期待されている.システムは様々な環境での機動的な運用が想定されるため,簡易な計算で通信エリアを推定可能な伝搬損失モデルが事前に得られていることが望ましい.また移動通信時の受信電力変動も回線マージンを考慮するのに必要なパラメータとなる.そこで本報告では,山間部,建物高の異なる市街地,高速道路などの各環境において測定した伝搬損失特性と解析結果を示す.