電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-69
自己同期スクランブラを用いるSLMの設計手法に関する検討
○大木雄介・牟田 修・景山知哉・古川 浩(九大)
OFDM 信号のピーク対平均電力比(PAPR: Peak-to-Average Power Ratio) を低減する技術として, 自己同期スクランブラを用いる選択マッピング(SS-SLM: Self-synchronized Scrambler-based Selected Mapping) 方式が知られている[1]. この方式は選択マッピングにおける候補系列をスクランブラを用いて生成するものであり, 受信側でデスクランブルを行うことで元の情報を復元できる. 本論文では, ビット誤り率(BER) 特性とピーク電力抑圧特性の観点から, SS-SLM 方式の設計手法について検討する. 多値変調を用いる場合, 最上位ビットのみをスクランブルする方式が有効であることを示す.