電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-62
eICICを実装した適応制御型CREのスループット特性
○長沼紀裕・仲澤 翔(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)
LTE-Advancedでは,システム容量向上を目的としてマクロセル内にピコeNBをオーバレイするHeterogeneous Network (HetNet) が注目されている.またピコセルへの負荷分散を促進するCell Range Expansion (CRE) 技術が重要視されている.
筆者らは,各端末の受信SINRに応じてCREのバイアス値 (Cell Selection Offset; CSO) を可変とする適応制御型CREを提案し,その特性評価を行ってきた.本稿では,セル間干渉制御(enhanced Inter-Cell Interference Coordination; eICIC) を実装した適応制御型CREのスループット特性を示す.