電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-61
高トラフィック環境下における送信電力とCSOの協調制御方式のスループット特性
○松岡真吾(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)
次世代移動通信システムにおいて,システム容量を向上するHeterogeneous Network (HetNet)の検討が盛んである.筆者らは,ピコセルへの積極的な負荷分散を促すことを目的として,Cell Range Expansion (CRE)におけるCell Selection Offset (CSO)およびピコeNB送信電力の協調制御方式を提案し検討を進めてきた.本稿では,高トラフィック環境下におけるスループット特性を評価することにより,最適なパラメータ設定について述べる.